過去のトップの一言




  • この世に「面白い」ほど主観的な言葉はない。
  • オンリーワンには誰でもなれるが、ナンバーワンには一人しかなれない。
  • デキる人間は、くだらない話を書いても面白く読ませる。
  • ここがゴールではなく、ここからがスタート。
  • もしも自分が二人いたら? ──二人とも仕事をせずに遊ぶに決まってる。
  • 与えるものがあってこそ、得るものがある。
  • 書く前に推敲することはできない。
  • 10回悩んだあと、うち9回は、悩む必要すらなかったことに気付くものである。
  • 論拠なき批判は便所の落書きに劣る。
  • 違いは認識した時点から違いとなる。
  • 高熱時の汗と違い、スランプはかけば治るというものでもない。
  • その場で読み返しても、数日後に読み返しても、文章そのものは変わらない。
  • どんなに雲が厚くとも、部屋の中より外の方が明るい。
  • 読むときは、適当に楽しめ。読ませるときは、全力で楽しませろ。
  • 俺は死んでも、お前は生きろ!  ――ラグビーのプレイ精神より
  • その人の人生を知るには、その人が過去に吐いたため息の回数を数えればいい。
  • 限界を知ったと思った。だが、限界の「げ」の字も見えていないことに気付いた。
  • 自分が鬱かどうか? それは自分が鬱だと思うかどうかだ。
  • お前だけをピンポイントで不幸にするほど、神様は暇ではない。
  • 自分が好きだ! 自分が好きだ! 自分が好きだ!
  • 死にたいから切るんじゃない。死にたくないから切るんだ。
  • 『できるわけない』は聞き飽きた。 『できて当たり前』も聞き飽きた。
  • 死んでません。 肉体も、精神も。
  • それ以前のログはありません





AMAEDA. Hideaki, All rights reserved.